インタビュー01

2ヶ月受講を経てTOEIC®930点を獲得

英語資料の読解もスムーズに。

結果と成果

TOEIC®︎

800

930

2ヶ月間のオンライン受講を経てTOEIC®930点に到達。今後の独学に活きる “一生モノの勉強方法” も身についた。

2ヶ月間のオンライン受講を終えられ、素晴らしい成果を出された柳沢直哉さんと担当の山口コンサルタントのお二人にお話を伺いました。


「英語が通じない」というショックから英語学習をスタート

――柳沢さんはSTRAIL受講前に独学でTOEIC®800点に到達しています。そもそも英語を学ぼうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

柳沢さん:大学卒業直前にマレーシアへ留学した際に「英語が通じない」という苦い経験をしたからです。当時はTOEIC®500点ぐらいでしたが、まったくと言っていいほどコミュニケーションにならなかった。こんなにも通じないものなんだなと痛感しましたね。

――それで社会人になられてから本格的な英語学習を開始したというわけですね。

柳沢さん:はい。本やインターネットで調べながら、シャドーイングやディクテーションなど英語力を底上げするためのトレーニングに自分なりに取り組み、TOEIC®スコアも順調に伸びていきました。そして700点に到達した際に「TOEIC®対策をきちんとすれば800点とれるかな」と本気で公式問題集を解きまくって、なんとか800点に到達したという感じです。

――TOEIC®800点というと一般的には高得点の部類に入ると思います。その後STRAILを受講しようと思ったのはなぜでしょうか?

柳沢さん:じつは800点をとった満足感から、一時期英語学習をサボってしまっていたんです……(笑) これではダメだと思い直し、再開しなければと感じたのが1つめの理由です。

2つめは、独学時代の自分の勉強法に対する疑問からでした。本やインターネットを参考に我流で勉強を続けてきましたが、「これは本当に効率的なのだろうか?」「もっといい方法があるのではないだろうか?」といった疑問や不安を拭うことはどうしてもできませんでした。どうせ再開するのならば、お金を使ってプロから学びたい、そうすればもっと伸びていくのではと考え、英語コーチングサービスを探しました。

他社さんも見て回りましたが、STRAILが自分に最も合っていると感じたのは、自習を前提とし、勉強のやり方をコンサルティングしてくれるというスタイルです。TOEIC®800点を取得し、自宅学習の習慣もあったので、「つきっきりでトレーニングを受ける」「手取り足取り教えてもらう」という段階は過ぎており、プロの的確なアドバイスを受けながら自走していくというスタイルが自分に合っていると感じました。また、トレーニングがないため競合他社と比べて圧倒的にリーズナブルというのも大きかったですね。

画像

受講生の課題を発見するのがSTRAILの使命

――次に山口コンサルタントにおうかがいします。STRAILのサービスの根幹は「受講生の方の課題やつまずきを発見する」という部分にありますが、初回のコンサルティングで得た、柳沢さんの印象はどういったものでしたか?

山口コンサルタント:すでにTOEIC®800点には到達されていたので文法などの知識はおもちで、リーディングやリスニングの基礎もしっかり備わっていました。英語力を一段二段と高めていくうえで課題だと感じたのは、それらが “使えるスキル” になっているかという部分です。

これは柳沢さんに限った話ではありませんが、多くの方にとって英語でコミュニケーションをとれるようになることが最終的なゴールかと思います。そのためには、ただ知っている・覚えているだけでは不十分で、実践の場で堪えられるだけの “瞬発力” が重要になってくるのです。

たとえば単語ひとつとっても、「見たら意味がわかる」状態から「聞いた瞬間に意味が思い浮かぶ」状態にまでもっていく必要があります。リーディングやリスニングに関しても、やはり「頭から瞬時に意味をとらえられる」ようにしないと、スキルとして使えるところまでは行けません。すでに備わっている知識や基礎を土台に、スキルをもっともっと高めるべく、学習を進めていっていただくことにしました。

――具体的にどんなアプローチをされたのでしょう?

山口コンサルタント:単語については『キクタン600』のレベルから始めました。ある程度のレベルまで達すると単語学習をついおろそかにしてしまう方もいますが、英語力の根幹を成す語彙力アップのための学習は欠かしてほしくありません。柳沢さんには効果的なトレーニング方法をお伝えして、単語の意味想起のスピードと精度を高めていっていただきました。

柳沢さん:じつは私、単語を覚えるのがあまり好きではなくて、これまで意識的に語彙を増やそうとはしてきませんでした。 ただ、語彙力の重要性を指摘されてトレーニング課題として出されたからには、やらないわけにはいかず……(笑) 会社の昼休みなどのスキマ時間を使いながら取り組みました。

山口コンサルタント:2つめはチャンクリーディングの徹底です。英文を頭から意味のかたまり(=チャンク)ごとに読み進めるチャンクリーディングに慣れていないと、きれいな日本語に訳そうとするあまり「返り読み」することになり、リスニングやリーディングでのすばやい処理ができません。

そこで重点的に取り組んでいただいたのが、サイトトランスレーションと音読です。サイトトランスレーションとは、チャンクをすばやく日本語に置き換えていくトレーニング方法で、プロの通訳者も実践しています。音読も、ただ英文を声に出すだけでなく、チャンクごとに瞬時に意味をイメージしながら読んでいくのが重要です。柳沢さんにはこれらの正しい方法をお伝えして、チャンクで英語をとらえる感覚に磨きをかけていただきました。

3つめは音声知覚の強化です。ネイティブは、音をつなげたり省いたり、いわば “省エネ” で英語を話します。しかし、そういった「音声変化」のルールを知らないと、個々の単語を正確に認識することができないため、英語をうまく聞き取れません。柳沢さんには音声変化のルールをあらためてご確認いただいたうえで、聞き取り能力を向上させるべく、ディクテーションとオーバーラッピングをトレーニング課題としてご提案しました。

ディクテーションとは聞き取った英語を紙に書き出していくトレーニングで、自分が聞き取れない箇所を明確化できます。オーバーラッピングとは、音源と同時に発音していくトレーニング。音声を極限まで再現することを通して、これまで自分がイメージしていた発音とネイティブの発音とのギャップを埋めることができます。どちらも音声知覚の強化に特化したトレーニングです。

画像2

柳沢さん:STRAIL受講前は、やり方に自信がもてないまま自己流でトレーニングしているに過ぎませんでした。サイトトランスレーションや音読はしたことがありませんでしたし、ディクテーションやオーバーラッピングなども好んではやっていませんでしたね。しかし山口コンサルタントから、それぞれのトレーニングを行なう根拠や本当に正しい方法をとても丁寧に説明してもらって、各トレーニングの重要性が非常に腑に落ちる思いでした。「だったらやるしかないな」と(笑) 独学を続けていたら、重い腰は絶対に上がらなかったでしょう。

たとえばディクテーションに関しては、当初は漠然と「長文全部をディクテーションしないと意味がないのかな」としか思っていませんでした。でも、あくまで音声知覚を強化するためのトレーニングであり短文でも十分に効果があると知ったことで、学習のハードルがとても下がったように感じます。

シャドーイングで意味処理の速度を上げていく

――学習を進めていくなかで、ほかにはどのようなアプローチをされましたか?

山口コンサルタント:単語に関してはレベルを上げていき、最終的には『キクタン990』までやりきっていただきました。また、2週3週と学習を続けていくなかで音声知覚がかなり強化されたため、途中からディクテーションやオーバーラッピングを優先項目から外し、代わりにコンテンツシャドーイングを取り入れました。リスニングの際の「理解」のスピードを上げるためです。

柳沢さん:聞き取れるけれども理解が追いついていかない。理解できないまま次々と音声が流れていってしまう。そんな感覚がたしかにあり、そこをずばっと指摘されたかたちでした。

山口コンサルタント:流れる音声を追いかけるようにリピートしていくシャドーイングには、大きくプロソディシャドーイングとコンテンツシャドーイングの2種類があります。柳沢さんに取り組んでいただいたコンテンツシャドーイングは、意味内容を思い浮かべながら行なうものであり、単に音だけを意識して行なうプロソディシャドーイングと比較すると、かなり負荷が高いトレーニング方法です。

リスニングというのは、「音を聞き取る」、そのうえで「意味を理解する」という2つのプロセスから成ります。柳沢さんの場合、音の聞き取り自体はスムーズにできるようになってきたので、次のステップとして理解の速度を上げていく必要がありました。すばやく意味を処理しながらリピートするトレーニングを重ねることで、聞いたそばから英語を理解できるようになるのです。

STRAILで “一生モノの勉強方法” を手に入れられた

――2ヶ月間の受講を終えての感想を教えてください。

柳沢さん:冒頭でもお伝えしたとおり、私がSTRAILを受講した理由のひとつは、英語学習の効率を上げたい、もっと効果的なトレーニング方法を探したいという思いでした。これまでの自己流の勉強法で間違っている部分はなかったか、どこをどう改善していけば効率よく取り組めるようになるのか――そういったもやもやが次々に解消されていく感覚がありました。 また、STRAILではトレーニングの正しいやり方をひとつひとつ丁寧に教えていただきましたが、これは卒業後の独学にもかなり活きています。新型コロナウイルスの影響で、TOEIC®の受験はSTRAILを卒業してから少し待つ必要がありましたが、いわば “正しいフォーム” を身につけられたので、その間の英語学習で迷うことはありませんでした。TEDの音声をシャドーイング練習に使ったり、ナショナルジオグラフィックを長文教材にしたり――興味のある題材を自分で選択し、STRAILで学んだトレーニング方法をそこに当てはめるかたちで、効率よく学習を進められましたね。

――それで最終的にTOEIC®930点に到達されたというわけですね。主にどういった部分で英語力の伸びを実感していますか?

柳沢さん:やはり「読めている!」「聞き取れている!」という感覚が圧倒的に強まりましたね。確証をもって問題を解けるようになりました。また、仕事で英語の資料に目を通す際も、以前はかなりハードルが高くて相当のパワーを割かなければならなかったのが、非常に楽になりました。TOEIC®以外の実用面でも大きな成長を感じています。

画像3

山口コンサルタント:英語学習は一過性で終わらせるのではなく継続してこそですが、間違った方法で取り組み続けるのは効率の面で非常にもったいない。正しい方法を身につければ一生涯役に立っていくので、独学で伸び悩んでいたり自己流の勉強法に不安を感じていたりするならば、プロにサポートしてもらうのは有効な選択肢のひとつだと思います。 また、初級・中級レベルの場合は課題がわかりやすいため学習の成果も比較的表れやすいのですが、柳沢さんのようにTOEIC®800点を超えて上級レベルになってくると課題が細分化されるため、よりピンポイントなトレーニングが求められます。やみくもにいろいろな方法に手を出して時間を無駄にしないという意味でも、私たちのような言語習得の専門家によるコーチングはぜひ多くの人に活用していただきたいですね。

宇津木裕子さん

インタビュー
結果と成果

TOEIC®︎

665

870

正しい方法で基礎から英語をやり直し。わずか90日間でTOEIC® 205点アップ。自己最高の870点を取得!

【法人様】日本TCS*(株) S.Yさん

インタビュー
結果と成果

TOEIC®︎

800

930

スキマ時間の徹底活用により90日でTOEIC®930点を達成。より高い英語力を獲得するための「あと一歩」がどこなのかをコンサルタントが的確に示してくれた。

結果と成果一覧へ

前へ

サービス・価格を見る

arrow-icon
次へ